検索
  • 仙台食べ歩きねこ

第13話 4月25日放送『番丁ラーメン 名掛丁店』

最終更新: 8月21日

仙台食べあるき~いま・むかし~

今週は『番丁ラーメン 名掛丁店』に訪問。

歴史は50年というお店。



番丁ラーメン 名掛丁店 (バンチョウラーメン) 仙台市青葉区中央1-7-2 アールアイ名掛丁2号館 B1F 022-268-8538 https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4002511/





仙台駅近く名掛丁アーケード入口地下一階にある。


お話をお伺いするのは親方のこたけさん。




さっそく「番丁らーめん」を頂く。



「番丁らーめん」はスープが醤油。上に掛かっているあんかけが味噌。

一番人気のラーメン。

お客様の8、9割が「番丁ラーメン」をオーダーする。


お店のスタートは一番町。

お店の名前は地名(番町)からきている。

50年前から変わらないスタイルでやっている。

お客様は馴染みの常連様が多い。

50年前はこたけさんは従業員として働いていた。

そこからこの味を受け継いで今に至る。



むかしからずっとこのメニュー。

一番町時代から通って頂いている常連も多い。

当時学生だった方が、今は孫を一緒に連れてきている。


こたけさんは50年。寄り道もした。

名掛丁に出して20年。

マイペースでやっている。


麺の量は一般のお店と変わらないが、

どんぶりが大きい為にスープともやしが多く入っている。

でも味は意外とあっさり。


計算しなくていい様に他のラーメンは値段も一緒(笑)

ずっとマイペースでやっているし、

今後もこのスタイルでやっていく(こいけさん)



来週につづく

今週もごちそう様でした~♪

仙台食べ歩き~いま・むかし~

60回の閲覧1件のコメント

​久保田ホールディングス

TEL : 022-222-8735

仙台市青葉区一番町四丁目4-33 トレンドビル5階

  • Facebookの社会的なアイコン

©2019 by 仙台食べ歩き~いま・むかし。