検索
  • 仙台食べ歩きねこ

第19話 8月1日放送『中国美点菜 彩華』

最終更新: 8月21日

8月に入っての1週目は、『中国美点菜 彩華』。

大正14年創業の老舗!



『中国美点菜 彩華』 宮城県仙台市青葉区国分町2-15-1 2・3F

                       022-222-8300

https://saika1925.gorp.jp/





お話を聞くのは代表の伊藤さん。

伊藤さんは3代目。

お店の歴史が大正14年(1925年)の創業。本年で96年目!



本日、1品目は『五目焼きそば』!

お昼時に一番注文が多いお薦めの一品。


ボリュームが多い。

「昔からやっているから、今のお店よりは量が多い。

           今さら量を少なくすることが出来ない」(伊藤代表)


「相当、五目やきそばにうるさい。

            エビ乗ってませんから」(師匠)



昔ながらのチャーシュー。

麺は一度蒸してから湯がいて、焼くという手間を掛けている。

焼目が美味しい♪


レモンを掛けると御酢よりも爽やかに。

塩味の餡との相性が最高。


一皿でお腹いっぱい。


「私が食べた中では、大きさではチャンピオン!

    ちょっとサービスし過ぎかなと思う。でもこのままでお願い致します」(師匠)



2品目がエビの老酒(ラオチュー)炒め!



「これはビール飲みながらですかね~笑」(師匠)

「ビールや紹興酒も合う」(伊藤代表)



タレは昔、老酒(ラオチュー)の麹をつくってやっていた。

現在は出来ないので、老酒を煮たりして作っている。


まわりのワンタンの皮も美味しい♪


「まわりのワンタンの皮だけでも3杯飲める笑」(師匠)



『お店の味を長く守っていくには、その時代、時代に合わせないといけない。

   逆に同じものをつくるよりも、少しづつ味を変えていかないと同じ味を

                       保っているとは言えない』(伊藤代表)


『その時皆さんの口だったり状況によって、3年後たびにお客様が来店して頂いた時に、同じく美味しいと思って頂けるのは、前より美味しいと思わせないといけない。そうしないとお客様は「前と同じ味だ」とは言って頂けない。ちょっとづつ変化しながらやらせて頂いている』(伊藤代表)




シュウマイ(焼売)もおススメ!

つくり方は変わらず、昔ながらのお値段で。


今週もごちそう様でした~♪

仙台食べ歩き~いま・むかし~




36回の閲覧

​久保田ホールディングス

TEL : 022-222-8735

仙台市青葉区一番町四丁目4-33 トレンドビル5階

  • Facebookの社会的なアイコン

©2019 by 仙台食べ歩き~いま・むかし。