検索
  • 仙台食べ歩きねこ

第42回 1月9日放送『おでん三吉 』2話目

今週も前週に引き続き「おでん三吉」さんに訪問。

ちなみに、今年のラッキーカラーはキラキラした白と黄色らしい。。。



お話を聞くのは引き続き3代目の田村さん。


おでん三吉

〒980-0811

仙台市青葉区一番町4丁目10-8 稲荷小路 (定禅寺通側)

022-222-3830

https://oden-sankichi.com/


追加したおでんを頂く♪じゃがいもと糸こん、白滝を追加。

大きな皮ごとのじゃがいも。皮ごとの方が荷崩れしない。



女性に人気、白滝。





三吉さんは昭和24年から屋台から始まり、昭和27年から

現在の国分町の今のお店で営業。

昭和54年に4階建てビルを新築して今に至る。




「さんきち」の由来は初代が秋田の出身で、

秋田にある勝負の神様、三吉神社(みよし神社)から来ている。

「三吉」を「みよし」と読んでくれずに、いつの間にか「さんきち」となった。



国分町、稲荷小路も変わった。

特にコロナになってから人通りは少なくなった。常連客が余り、出歩ことが

なくなり、逆に若い方が街に来るようになった。


2020年4月の緊急自粛要請で40日間、お店を休んだ。



さんきちにはおでん以外にも魅力的なメニューが沢山ある。

この時期、大人気なのが「きりたんぽ」。初代が秋田出身ということもあり

秋田の品が多い。10月から3月一杯まで食べられる。


カウンターが人気で女性がお一人で来るときもある。

おでんには熱燗が合う!

「はやくコロナが落ち着いて欲しい。皆さんに笑顔が戻ってもらえれば」(田村さん)



鍋の中でおでんがクツクツ煮えてます。

おでんが待っている。

今週もごちそう様でした~♪ 仙台食べ歩き~いま・むかし~


15回の閲覧0件のコメント

​久保田ホールディングス

TEL : 022-222-8735

仙台市青葉区一番町四丁目4-33 トレンドビル5階

  • Facebookの社会的なアイコン

©2019 by 仙台食べ歩き~いま・むかし。