検索
  • 仙台食べ歩きねこ

第44回 1月23日放送『旬の味 花板 』2話目

今週も稲荷小路にある「旬の味 花板」さんに訪問。




お話を聞くのは引き続き店主であり、板前の村上さん。



いよいよメインの雑炊へ。

まずは土鍋が登場!



花板ではご飯は全て土鍋で炊き、炊きたてをお出ししている。


ご飯だけ食べても美味しい!


自家製のごま豆腐も雑炊前に頂く!

なんとゴマを炒るところからつくる!?

毎日、朝初めの仕事はこちらから始める。出来上がりまで2時間位掛かる。



「ごま!おいしい!!こんなゴマが濃い豆腐は初めて」(師匠)


村上さんは2代目だが、1代目はお父さんでは無い。


村上さんは、気仙沼から仙台の調理師学校に入学するが、学校に行きつつアルバイトとして花板で働いていた。その後、親に黙って調理師学校を辞めて花板一本で働く。

(村上さんの父親は一年は喋ってくれなかった。。。)


一番大変だったのは修行という立場で、親方の全てを受け止める事。


親方のお話を聞いているうちに雑炊が完成!

雑炊は薄味になっているけど、このままでも食べれる。

お鍋で食べたポン酢を入れると更に美味♪


雑炊の為のフグ鍋!!

フグ鍋で出たお出したっぷりの雑炊。

天然フグの贅沢雑炊♪



鍋で使ったポン酢を入れる。

ポン酢の香りが良い!




「う~ん、美味しい笑」(師匠)

なんと!モチも入っている。


村上さんは花板から東京に修行へといく。一代目親方の指示だった。親方の指示は絶対。

「本当は行きたくなかった」(村上さん)


東京に行き、親方の指示の意味が分かった。ステージと考えているレベルが違った。

仙台とは違い競争が激しく、同じ職人の意識も違った。


人生の中で料理だけ集中する時間。



しかし呼び戻られる。

一代目の師匠である親方が病気だった。

引き継ぐ時間は2ヵ月だけだった。



村上さん、その時25歳。お金も何もない。。。信用もない。。。。

銀行もお金も貸してくれない。

でも親方に引き継いだお店はどうしても潰したくない!

しかしその時に色々な人にお世話になり、引き継いで25年目を迎える。


コロナで厳しい状態だが、

つくづく思うのがお客様、常連さんから「負けないで」という言葉を頂く。


助けてくれるのは常連さん、お客様。

師匠、常連さんの為にお店を守っていく。



そんな想いが美味しさ、味にあらわれている。

旬の味 花板

〒980-0811

仙台市青葉区一番町4-3-9

第3藤原屋ビル1階

TEL.022-261-2643

https://hanaita.jp/

37回の閲覧0件のコメント

​久保田ホールディングス

TEL : 022-222-8735

仙台市青葉区一番町四丁目4-33 トレンドビル5階

  • Facebookの社会的なアイコン

©2019 by 仙台食べ歩き~いま・むかし。