検索
  • 仙台食べ歩きねこ

第45回 1月30日放送『中国北京料理 飛天 』1話目

今週はマーブルロードおおまちにある「中国北京料理 飛天」さんに訪問。


お話を聞くのはオーナーシェフの芳賀様

中国北京料理 飛天

宮城県仙台市青葉区一番町3-1-18しまぬきビル3F

022-395-5191


https://hiten.owst.jp/





飛天はオープンして7年目を迎える。


芳賀さんは旧ホテル仙台プラザの「中国餐庁 北京」のシェフでもあった。

当然、仙台プラザのお店の味を引き継ぐ。


芳賀シェフのこだわりは、美味しいは大前提。

そして安全・安心。

無添加、無香料や地場産の野菜を使うなど考えている。


本日の一品目。

「蟹の淡雪炒め」♪

芳賀シェフが修行した東京芝パークホテル「中国料理 北京」の看板メニュー!

昭和36年に東京芝パークホテル「中国料理 北京」がオープンした時に

初めて出された料理。



『蟹の味が濃い、しっかり!蟹の身がたっぷり♪』(師匠)


蟹の身を卵白に混ぜて、ゆっくりと温度を上げながら膨らませていく。

飛天のNo1料理!


家庭では出来ない味。

2品目は具沢山の炒飯!

『揚州式五目炒飯』


揚州式とは、中国の地揚州方の地形を表す。

海が目の前。背中側に山があるという仙台に似た地形。


この炒飯には海のものと山の具材が入っている。

海の具材は海老、カニ、干し貝柱。

山の具材はチャーシューと鶏肉。



海老から頂く♪

「海老はぷりっぷり、お肉は2種類入ると違う!」(師匠)

『揚州式五目炒飯』は当然、お店の人気のメニュー。


お米と具の割合が6:4。

それぐらい具沢山!


炒飯のパラパラ感は家庭では出来ない。

火力が違いすぎる。


本日、頂いた「蟹の淡雪炒め」と『揚州式五目炒飯』はランチでも食べられる。

そしてテイクアウトも可能!

非常にテイクアウトも増えているとの事。


何と!芳賀シェフから杏仁豆腐のプレゼント!


ラジオを聴いているリスナーにも杏仁豆腐を食べて欲しいとの事で


『FM仙台を聴いた』


という合言葉で杏仁豆腐をサービス!!

期間は2月7日(日)まで。


合言葉は『FM仙台を聴いた』!


今週もごちそう様でした~♪ 仙台食べ歩き~いま・むかし~



49回の閲覧0件のコメント

​久保田ホールディングス

TEL : 022-222-8735

仙台市青葉区一番町四丁目4-33 トレンドビル5階

  • Facebookの社会的なアイコン

©2019 by 仙台食べ歩き~いま・むかし。