検索
  • 仙台食べ歩きねこ

第10回目 4月4日放送『焼肉・冷麺 大同苑 仙台一番町店』

仙台食べ歩き~いま・むかし~


本日も前回に引き続き『 焼肉・冷麺 大同苑  仙台一番町店』でお話を伺います。



『焼肉・冷麺 大同苑 仙台一番町店』

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-2-20 022-796-3729

http://daido-en.jp/store/sendai/




他のメニューもいっぱいある!



一番町店限定のメニュー「塊肉」。

塊の肉を店員が焼いてくれる。ローストビーフのような仕上がりになる。



そしてやっぱり冷麺。

盛岡で昭和40年に創業した大同苑。冷麺は食事の中で一番力を入れていた。


盛岡冷麺の特徴と言えば、

そば粉を入れない。太麺でもちもちとした食感がする。

スープもしっかりとした味わい。

牛筋や鳥ガラなどを加えた濃い目の味のスープが特徴。




お肉は仙台牛、A5ランクの良いものを厳選している。

味の特徴は肉質のきめ細やかさと上品の脂。「さらっと切れるような後を引かない脂」。


そして岩手ならではの前沢牛。

有名なオガタ牧場のトップクラスのお肉を取り寄せている。


お店の特徴としてワインセラーがある。



店長の三瓶さんは、何と日本ソムリエ協会 認定のワインソムリエでもある!

ソムリエ歴は約15年の実績。元々はフレンチやイタリアーノで働いていた。

フランス、イタリアのワインには精通している。



なかなか、焼肉屋さんにソムリエはいない(笑)


一般的なお肉=赤ワインで召し上がるお客様が多い。

「カルフォニア」などのしっかりとしたコクのあるタイプのものを

おススメする。


塩味のお肉には白ワインやシャンパンなどが合う!


「しおで食べる時はしろ」(笑)



お店は一番町から少し入る所にある。隠れや的存在でもある。

最近はSNSでネギタン塩目的で県外からも若いお客様がくる。



より良いものと正直なものを真摯に提供したい。

上質なお肉を提供し続け、

それを分かってくれるお客様にご利用して頂きたい。

盛岡店などでは3世代にわたってお店を使ってもらっている。

そんなお店にしたい(三瓶店長)




子供のころから仙台牛を食べたかった笑(師匠)



今週もごちそう様でした~♪

仙台食べ歩き~いま・むかし~



『焼肉・冷麺 大同苑 仙台一番町店』

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-2-20 022-796-3729

http://daido-en.jp/store/sendai/


0回の閲覧

​久保田ホールディングス

TEL : 022-222-8735

仙台市青葉区一番町四丁目4-33 トレンドビル5階

  • Facebookの社会的なアイコン

©2019 by 仙台食べ歩き~いま・むかし。