検索
  • 仙台食べ歩きねこ

第11回目 4月11日放送

仙台食べあるき~いま・むかし~


今週は『てしごと是歩(ぜふ)』に訪問。





『てしごと是歩(ぜふ)』

宮城県仙台市青葉区一番町4-4-21

TEL.022-726-3233

http://mum-gp-sendai.jp/zefu/



場所は三越近く。

六華亭師匠のお膝元、花座の隣。






何とも上品な店内。

8席のカウンター、個室2つ。4名掛けのテーブルが5つ。2階にもお部屋がある。



お話を聞くのは統括マネージャーの小野寺さん。

「気軽に来て頂いてよいお店」(小野寺さん)


お店の名前「てしごと是歩(ぜふ)」

「是歩」の名前の由来は某マンガ(『○○○ PIECE』)に出てくる料理人の名前。


グループの各お店の名前の調べてみると面白い。

http://mum-gp-sendai.jp/



香りが我慢出来ない(笑)

本日の一品目は『穴子の白焼き』(石巻産)。


季節によって穴子の大きさは変わる。

冬の時期の穴子は脂がのって美味しい。

逆に夏の穴子はさっぱりと食べる事が出来る。



焼いた香ばしさが良い♪炭の香りが~

炭火でカリっと。でも中身はふっくら。


さっぱりと食べれるのでカブカブいける(笑)

ビールでも日本酒でもいける。



2品目は人気メニュー「三日仕込みの 豚角煮」!

出来上がるまで3日間掛かる。

焼いてうま味を閉じ込めて、その後に油抜きをして、最後にたく。




「これは3日掛かった味」(笑)

豚は大泉ポーク(北上川のほとり、中田町大泉)。

濃くはあるが、さっぱりの味。


手間は掛かるので。あまり多く仕込めない。

人気商品なので品切れになるときもある。


「手間(てしごと)を掛けたから美味しく出来上がる。

数を作るために手を抜くことは出来ない」(小野寺さん)



お客様は幅広い。

女性1人で来る方もいる。


「お店の雰囲気は落ち着いており、豊かな気分になれる。

ご家庭では出せないものがお店の味。非日常的な雰囲気が味わえる。

目で見て、音を聞きながら、においを嗅いで、トータル美味しいが最終形態」

(小野寺さん)


でも普段着で来て欲しい笑(小野寺さん)




今週もごちそう様でした~♪

仙台食べ歩き~いま・むかし~



43回の閲覧

​久保田ホールディングス

TEL : 022-222-8735

仙台市青葉区一番町四丁目4-33 トレンドビル5階

  • Facebookの社会的なアイコン

©2019 by 仙台食べ歩き~いま・むかし。