検索
  • 仙台食べ歩きねこ

第51回 3月20日放送『成龍萬寿山 本店 』 2話目

最終更新: 3月26日


今週も「成龍萬寿山 本店」を訪ねます。


成龍萬寿山 本店


宮城県仙台市青葉区国分町3-6-10 邦栄ビル 1F

022-223-2287

https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4000088/



お話を聞くのは社長の千葉さん。


萬寿山は40年の歴史を持つ。

おばあちゃんが「萬壽山」というお店を始めた。

のちに千葉さんのお父さんが独立して「成龍萬寿山」としてお店を開けた。




社長の千葉さんは子供の頃から

お店で出入りしていたので、お客様に可愛がられていた。


おばあちゃんの時は遊んでいたけど、

中学生ぐらいから皿洗いなどお店を手伝っていた。


上海ラーメンは、おばあちゃんの時は普通の「ラーメン」として提供していた。

お父さんの時に、「上海ラーメン」としてインパクトを求めて名前を変更して

お客様に出した。


いまや名物「水煮肉片」(スイジュウロウペン)は当初、もっと大きな器で

出していた。

お客様の要望で、ひとりでも食べられるサイズを欲しいとの事で

もうワンサイズ小さなもので出すことになった。


餃子も大人気♪多くの方が大絶賛!

昔からキャベツ、ニラ、肉だけでつくっている。

他のお店よりもキャベツが多くて、甘みが出ているではないか。



「萬壽山」といえば量が多い事(笑)


昔からの習慣。おばあちゃんの時から量が多い。

満足してもらって、満腹になるくらい食べて欲しいとう想いで

サービスしてしまう。


「半炒飯でも違う。普通のぐらい出てくる(笑)」師匠



「大きなビルは建っているが、人の流れや雰囲気は大きく変わってない。

  ゆっくりと流れている。 ノスタルジックな感じで流れている」(千葉社長)


持ち帰りもできる。

「水煮肉片」(スイジュウロウペン)も持ち帰り可能!



今週もごちそう様でした~♪ 仙台食べ歩き~いま・むかし~

83回の閲覧0件のコメント